• ¥100

発行者による作品情報

●プロのナレーターによる朗読音声付書籍


「男女の交際とても人生万事元は一つで、まず己れを知る生活から始まらなければならない」


と、説いた無頼派作家・坂口安吾は、恋愛や人生というものは結局、最後は一人になってしまう孤独なものだと断言する。人はいかにして自らの人生を生きていくかを考えながら日々、生活をしなければならない。


それは若者たちによって美化され、大人たちによって現実の虚空へと変わってしまう…。

坂口安吾独自の感性が活きる、日本人としての恋愛観、人生観を綴った作品。

ジャンル
小説/文学
発売日
2013
10月3日
言語
JA
日本語
ページ数
10
ページ
発行者
パンローリング株式会社
販売元
Pan Rolling Inc.
サイズ
8
MB

坂口安吾の他のブック