本業失格 本業失格

本業失‪格‬

    • ¥440
    • ¥440

発行者による作品情報

N.Y.、サンフランシスコ、神保町、足どりも軽やかに向かう先はいつもその街いちばんの古本屋――。中目黒の小さな書店から、本を巡る新しいムーブメントを牽引し続けてきた著者の初エッセイ集。古書店主であり文筆家、現在は『暮しの手帖』誌の新編集長として注目される彼の、本から始まる「旅」の原点。出会いの喜びと、自由であれ! という今も変わらぬメッセージに満ちた、瑞々しい一冊。

ジャンル
小説/文学
発売日
2007年
2月25日
言語
JA
日本語
ページ数
192
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
2.3
MB

松浦弥太郎の他のブック

いつもの毎日。衣食住と仕事 いつもの毎日。衣食住と仕事
2013年
もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある。 もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある。
2016年
松浦弥太郎の仕事術 松浦弥太郎の仕事術
2013年
今日もていねいに。 今日もていねいに。
2012年
軽くなる生き方 軽くなる生き方
2008年
松浦弥太郎の新しいお金術 松浦弥太郎の新しいお金術
2014年