• ¥550

発行者による作品情報

旗本の子女が立て続けに自死する事件が続くなか、富商・大和屋が斬殺された。なぜか、その目撃者を執拗に狙う二人の刺客…。不可解な動きの先に見えてきた武士の窮状と富商の果てしない欲望が生んだ“江戸の闇”。その真相に迫る。初見参!頬に走る刀傷が疼くとき、風烈廻り与刀・青柳剣一郎の剣と頭脳が冴える!

ジャンル
小説/文学
発売日
2004
9月5日
言語
JA
日本語
ページ数
226
ページ
発行者
祥伝社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
3
MB

小杉健治の他のブック

このシリーズの他のブック