杜子春 杜子春

杜子‪春‬

    • 4.5 • 54件の評価

発行者による作品情報

『杜子春』は、1892年(明治25年)3月1日 - 1927年(昭和2年)7月24日、日本の小説家、芥川竜之介の作品。初出は「赤い鳥」1920(大正9)年7月号。この作品は「小説・物語」である。

ジャンル
小説/文学
発売日
1924年
7月2日
言語
JA
日本語
ページ数
18
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
22.6
KB

カスタマーレビュー

わおさかきしか

感謝

サンプルでも感動しました。     芥川龍之介さんほんとうにありがとうございました

いりあす999

いいです

子供の頃読んだ時は意味がわからなかったですが、最近やっと意味がわかって来ました…
人間の薄情さや親子の絆が良く描かれています…

ビートジー

小学4年生

杜子春を初めて読んだのは小学4年生の時でした、確か名作児童文学全集とか言う割と厚みのある本で、誕生日プレゼントとして当時仲の良かった友達から貰ったのです。その厚みのある本には、芥川龍之介、宮沢賢治、夏目漱石などなど、日本を代表する著名な作家人の作品が掲載されており、とりわけ芥川氏の杜子春に魅せられ、読者後に泣いたのを思い出しました。もう60年も前の話ですが、それ以来ですね読んだのは笑久しぶりに読んでみて、やはり涙ぐみますね〜
昔と同じです。進歩してないのかなぁ

芥川龍之介の他のブック

羅生門 羅生門
1919年
蜘蛛の糸 蜘蛛の糸
1922年
鼻 鼻
1990年
地獄変 地獄変
1999年
杜子春 杜子春
1924年
桃太郎 桃太郎
1928年

カスタマーはこんな商品も購入

黒田如水 黒田如水
1947年
雪の女王 雪の女王
1959年
三遊亭円朝全集 三遊亭円朝全集
2015年
私本太平記 私本太平記
2013年
最後の一枚の葉 最後の一枚の葉
2015年
小公女 小公女
1931年