桃太郎 桃太郎

桃太‪郎‬

    • 4.0 • 772件の評価

発行者による作品情報

日本昔話のひとつである『桃太郎』は、鬼退治がテーマの勧善懲悪の物語として広く知られている。そんな昔話の世界を芥川は新たな視点で捉え直し、鬼の世界への侵略者、略奪者としての「桃太郎」が描かれる。ちなみに、福沢諭吉も「桃太郎は盗人」と評している。その背景には日本帝国主義のアジア侵略があり、その政治性、時代性から初期プロレタリア小説と位置づける見方がある。いわば、『桃太郎』のパロディといった趣の作品ではあるが、そこで提示れるテーマは極めて重い。初出は、1924(大正13)年の『サンデー毎日』夏期特別号で、奇しくもその前年には関東大震災が起きた。関東大震災直後の朝鮮人や中国人、社会主義者の大弾圧への風刺の意味も込められているとも言われる。

ジャンル
小説/文学
発売日
1928年
7月2日
言語
JA
日本語
ページ数
10
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
330.6
KB

カスタマーレビュー

ぷーまん井上

入力のj.utiyama様感謝。

注釈が()ではなくタブ形式にしておりとても見やすい。
内容はアダムとイブ。桃太郎版。
悪というのは悪を撒き散らす。悪が何かは人それぞれだと思うけど。自分の中で悪だと思うことはしない近づかないと自戒

qwewp

今となってはありがち

面白かった

そると💍

その時代を風刺した作品

ももたろうは当時の日本と捉えることができる。

芥川龍之介の他のブック

羅生門 羅生門
1919年
蜘蛛の糸 蜘蛛の糸
1922年
鼻 鼻
1990年
地獄変 地獄変
1999年
杜子春 杜子春
1924年
芥川竜之介全集 芥川竜之介全集
2015年

カスタマーはこんな商品も購入

パンドラの匣 パンドラの匣
1949年
風の又三郎 風の又三郎
1955年
セロ弾きのゴーシュ セロ弾きのゴーシュ
1894年
グッド・バイ グッド・バイ
1943年
猫の事務所 猫の事務所
1990年
桜の森の満開の下 桜の森の満開の下
1951年