発行者による作品情報

『桜花を詠める句』は、明治(1890年5月30日)から昭和(1946年1月21日)にかけて活躍した鹿児島県出身の俳人、杉田久女の作品。本名は杉田 久(すぎた ひさ)。高浜虚子に師事。初出は「花衣 二号」1932(昭和7)年4月。この作品は古今女流俳句の比較である。

ジャンル
小説/文学
発売日
1936
4月2日
言語
JA
日本語
ページ数
12
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
15.5
KB

杉田久女の他のブック