• ¥610

発行者による作品情報

常務の彼を、多くの社員はまだ「英三さん」と呼んだ。経営者の一族でありながら、工場育ちで飾り気のない人柄がそう呼ばせた。戦後、退社を決意していた彼を会社に引き戻したのは、心情を一にしていた部下たちだった。しかし競争激化、新製品開発、流通改革の戦後史は熾烈だった。花王石鹸元社長・伊藤英三を描く傑作評伝小説。逞しくも爽やかな男の一生!

ジャンル
小説/文学
発売日
1982
5月12日
言語
JA
日本語
ページ数
231
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
531.1
KB

城山三郎の他のブック