• ¥1,100

発行者による作品情報

「精密司法」と呼ばれる日本の検察。事件の起訴を行った場合、ほぼ100%の確率で有罪となる。また、検察庁は、警察が逮捕した犯罪者を不起訴にして無罪放免にできるほどの力を持っている。検察とは、いったいどんな組織なのか。本書では、近代司法制度がスタートした明治時代から、多くの不祥事で揺れる現在までの検察庁の軌跡を概観。99.9%――。この数字は何を意味するのか。注目の憲政史家が問う、「精密司法」の正義と矛盾。

ジャンル
職業/技術
発売日
2018年
3月20日
言語
JA
日本語
ページ数
267
ページ
発行者
光文社
販売元
Kobunsha Co., Ltd.
サイズ
12.2
MB

倉山満の他のブック