• ¥1,200

発行者による作品情報

小田雅弘が四季折々に綴った13年分の「モデルウォッチング」を集大成。グルメ、落語、007、ナイキコレクションなど多岐に亘る話題、時代を行きつ戻りつ時々の旬のエピソードを織り交ぜながらの模型蘊蓄。伝説のモデラー「小田雅弘」が生み出されたその背景が浮かび上がる。模型ブーム世代必読、小田マニアならなおのこと興味をそそる珠玉の一品で、いや一冊である。


模型歳事記【目次】

01:結論として「模型が趣味」であると行き当たった

02:世の中結構「願い」は叶うものである

03:無ければ「造る的」スクラッチビルド

04:理想の「模型製作」の環境と設備

05:マニアの情熱と偏愛に「国境」なし

06:出てないのよ「見せたい」のに

07:職人達の「仕事」に通ずるもの

08:ご機嫌最高「モノグラム」

09:沸き上がっては消えてゆく「小ブーム」たち

10:欲すればまた「佳き日」なり

11:いつの時代でも「過去の未来兵器」は注目の的

12:言いたくて「ウズウズ」してる人っていっぱいいるのよネ

13:プラスティックモデルは「高尚にして地味な存在」だったのである

14:出会いは「とても重要」なのです

15:昔つき合ってた「女の子」が言うことには

16:今でも親父がことあるごとにこぼす「言葉」

17:本当にこの「値段」でいいんですか?

18:心密かに「待ちわびる」アイテム

19:とびきり気分の良い「一皿」モノグラム

20:模型にはふた通りの「愛し方」がある

21:その「くたれ具合と汚れ具合」に敬意を表して購入

22:まだ「おたく」という言葉が無かった頃

23:コレクターなんて「ロクなもんじゃない」よね

24:シューズペイントという「遊び」

25:究極はベラ・ルゴシ「演じる」魔人ドラキュラ

26:さすがプラスティックモデル「発祥の国」イギリス

27:かなりの「大好物」アマゾンの半魚人

28:素晴らしい完成見本を展示してる店は「信用」できる

29:高度成長期に受けた円谷プロの「強烈な洗礼」

30:強くなったり弱くなったりの「マイブーム」

31:貧乏はきっと「発明の父」である

32:月も「冴え渡る」良い季節

33:つまりは「集めること」そのものが好きなんだと

34:衝撃以外の何物でもない「非日常感」

35:理解しやすい「大人の趣味人」の言葉

36:なんといっても「百円」キットである

37:子供の「邪念」というのは誠に怖い

38:探求欲と食欲を満たしてくれる「大阪詣」はやめられない

39:定番がなくなったときほど「寂寥感」を感じることはない

40:箱が変わっただけで「何か」を期待させる青島マジック

41:ちょっとしたきっかけで「猛烈」に読み漁っている架空戦記

42:モノグラムやレベルに並んで「外せない」存在

43:レベルという世界一の「模型メーカー」が存在したという証

44:その言葉の甘き香りよ「ご機嫌最高モノグラム」再び

奥付

ジャンル
暮らし/家庭
発売日
2015
4月3日
言語
JA
日本語
ページ数
203
ページ
発行者
トイズプレス
販売元
TOYSPRESS
サイズ
799.6
KB

小田雅弘の他のブック