• ¥750

発行者による作品情報

歌舞伎町の一角で町会長の死体が発見された。警察は病死と判断。だがその後も失踪者が続き、街は正体不明の企業によって蝕まれていく。そして、不穏な空気とともに広まる謎の言葉「歌舞伎町セブン」……。『ジウ』の歌舞伎町封鎖事件から六年。再び迫る脅威から街を守るため、密かに立ち上がる者たちがいた。戦慄のダークヒーロー小説。〈解説〉安東能明

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2013
9月25日
言語
JA
日本語
ページ数
399
ページ
発行者
中央公論新社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
836.3
KB

カスタマーレビュー

山本功

想像しやすい

歌舞伎町を知っている人なら、想像しやすい舞台でした。

日常的な歌舞伎町ですが、物語の中では非日常的に彩色されていてスリリングな印象。楽しく読めました。

内容的に続編はなさそうですが、かえってその方がいいかもしれません。

誉田哲也の他のブック