• ¥1,800

発行者による作品情報

生き方、人生を見つめ直す時に、手にとりたい日本の名著として、今なお高い人気を誇る『歎異抄』。

その魅力は、「一切の書物を焼失しても『歎異抄』が残れば我慢できる」(哲学者・西田幾多郎)、「『歎異抄』よりも求心的な書物は、おそらく世界にあるまい。文章も日本文として実に名文だ。国宝と言っていい」(小説家・倉田百三)など、知識人たちの心をもとらえて離さない。



『歎異抄』には、多くの謎が秘められている。

「なぜ、善人よりも悪人なのか」

「『念仏さえ称えていたら助かる』は、なぜ間違いなのか」

「葬式や年忌法要は死んだ人のためにならないって、ホントなのか」

「『この世のことすべては、そらごとであり、たわごとであり、まことは一つもない』と、なぜ断言できるのか」

幸せ観、人間観を一変させる、常識破りの発言の数々がそこにある。



本書は、古今の解説書が明らかにできなかった『歎異抄』の真意を、親鸞聖人の言葉を示しながら、解き開いてゆく。

オールカラーの豪華版で、明快な現代語訳と解説、読みやすい大きな活字の原文を掲載。

生涯の宝としたい、日本人の魂を揺さぶる1冊。



「第一部 歎異抄の意訳」では、できるだけ原文の真意が伝わるように、平易な意訳が掲載されている。また、序文から十章までの原文を、一流の書家・木村泰山氏の名筆で掲載する豪華なつくりになっている。

「第二部 歎異抄の解説」では、あまり詳しく世に紹介されなかったり、大きな誤解を招いたりしている部分の解説が掲載されている。

「第三部 歎異抄の原文」では、読みやすい大きな活字で、『歎異抄』全章の原文を、一挙に掲載した。声に出して読みたい時、仏教を学びたい時のテキストに最適。

ジャンル
宗教/スピリチュアル
発売日
2008
3月3日
言語
JA
日本語
ページ数
151
ページ
発行者
1万年堂出版
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
7.9
MB