• ¥1,000

発行者による作品情報

信玄亡きあと屈指の大国を受け継いだ武田勝頼は、内憂外患を抱えていた。近隣諸国からの脅威に加え、財政逼迫や家臣との対立も勝頼の孤立を深めてゆく。こうした状況のもと、同盟国・北条家から嫁いだ桂姫は、勝頼の苦悩に触れて武田・北条両家の絆たらんとするが……。信玄をも上回る武人の才に恵まれながら悲劇の主人公となった勝頼の後半生を、歴史小説界に現れた破格の才能が活写する本格歴史長編。

ジャンル
小説/文学
発売日
2009
12月25日
言語
JA
日本語
ページ数
505
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
2.3
MB

伊東潤の他のブック