• ¥570

発行者による作品情報

お客様は仏様です。此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。ここには、自殺、他殺、病死、事故死……すべての死者が訪れる。罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ。あるいは――。“俺のしたことが正しかったとは断言出来ねぇ。本当は罪なんて犯したくなかった”誰も傷つけることのない、正しい選択ってありますか? 魂抉る死者との対話、惜別の第8巻。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2017
3月9日
言語
JA
日本語
ページ数
195
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
54.2
MB

カスタマーレビュー

ますだま

泣けます

悲しいけど温かい気持ちになれます。救いがあるといいなあ。

どうにもこうにも

イシ間さん……泣

もうあの人情味溢れる笑顔が見られないと思うと、とても寂しく、シ役所の人々との別れのシーンでは涙が出た。
ままならぬ人生。幸せな時もあれば辛く悲しい時もある。
人間は人を殺したいほど憎むのと同時に、大切な存在を深く愛することもできる。
イシ間さんのように日々、泥だらけの怒りや悲しみにまみれながらも、たくさんの命を愛おしみ、生きたいと思うと思う。

あずみきしの他のブック

このシリーズの他のブック