発行者による作品情報

『死者の書』は、1887年(明治20年)2月11日 - 1953年(昭和28年)9月3日、日本の民俗学者、国文学者、国語学者、折口信夫の作品。釈迢空と号した詩人・歌人でもあった。初出は「日本評論 第十四巻第一~三号」1939(昭和14)年1~3月。この作品はフィクションと文献である。

ジャンル
小説/文学
発売日
1943
1月2日
言語
JA
日本語
ページ数
118
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
115
KB

折口信夫の他のブック