死香探偵

死香探偵 連なる死たちは狂おしく香‪る‬

    • 3.2 • 5件の評価
    • ¥700
    • ¥700

発行者による作品情報

人気作家のサイン本に1冊だけ付いた甘いチョコレートの死香。慰安旅行先の旅館で遭遇したセロリの香りと消えた死体。死香を「食べ物」の匂いに変換する潤平と、分析学のエキスパート・風間は不審な事件を次々と〈嗅ぎ解く〉が、バナナの甘い香り漂う殺人現場で風間に異変が。容疑者の謎の美女に過剰反応し、潤平を初めて現場から遠ざけて?

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2019年
2月25日
言語
JA
日本語
ページ数
328
ページ
発行者
中央公論新社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
1.6
MB

カスタマーレビュー

まさまさ5353

最後が

不完全燃焼でした。ん?これで終わっちゃうの?でした…。古畑任三郎的な展開もイマイチでした。

喜多喜久の他のブック

2013年
2014年
2015年
2016年
2016年
2017年

カスタマーはこんな商品も購入

2022年
2020年
2018年
2021年
2022年
2020年

このシリーズの他のブック

2020年
2021年
2022年
2018年