• ¥760

発行者による作品情報

《宰領屋》矢藤太の許に大店両替商《近江屋》から、唐木市兵衛を名指しで仕事の周旋依頼があった。蟄居閉門中の武州川越藩士に手紙を届けてほしいという。二人は川越藩に国替えの噂があり、資金調達のため圧政下にあると知る。異論を唱えた藩士も改易は必定、その時は江戸に迎えたいというのだ。市兵衛は矢藤太と共に川越へ赴くが、到着するや胡乱な輩に囲まれ……。

ジャンル
小説/文学
発売日
2020
8月20日
言語
JA
日本語
ページ数
231
ページ
発行者
祥伝社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
4.6
MB

辻堂魁の他のブック

このシリーズの他のブック