• ¥1,000

発行者による作品情報

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

非常食か保存食、程度の地味な存在だったサバ缶が、水産缶詰商品の主役に躍り出た。
その生産量はツナ缶を抜き、第1位に。
昨年末にテレビ番組で「ダイエットにいい」「意外においしい」と取り上げられて以降、
スーパーでは品薄状態だ。
長年、魚油の研究を続けてきた早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構の矢澤一良さんは、
「旬の、最も脂が乗った状態のサバを缶に封じ込めることによって、青背魚にたっぷり含まれる
EPA、DHAといった“いい油”を安価に手軽にとることができる」とサバ缶のメリットを説明する。
サバ缶の健康パワーを担うのが、EPAやDHAといったオメガ3脂肪酸。
脳の機能を高め、血液をサラサラにし、ぽっこりおなかや動脈硬化、心筋梗こう塞そくの原因となる
中性脂肪値を下げるなど、さまざまな効果が認められている。

本書ではサバ缶の美味しくて健康効果を最大限に引き出す食べ方をご紹介します。

ジャンル
料理/酒
発売日
2018
5月31日
言語
JA
日本語
ページ数
84
ページ
発行者
日経BP
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
62.4
MB

日経おとなのOFF編集部の他のブック