• ¥300

発行者による作品情報

フリードリヒ・フーケー作の幻想文学作品「Undine」の新訳&完訳です。

幽霊の森の探検に出た騎士フルトブラントは、魔物に追いかけられ湖のほとりにある漁師の小屋にたどりつきます。そこでウンディーネという美しい娘と出会い恋に落ちるのですが、ウンディーネは人間ではなく水の精霊だったのです……。200年以上も前に書かれて、ゲーテやポーにも絶賛された、美しくも悲しいドイツ幻想文学の名作です。

縦書き、ルビ付き。アーサー・ラッカムのカラー挿絵15点、そしてアダルベルト・ミューラーの木版画を18点収録。

ジャンル
SF/ファンタジー
発売日
2018
3月17日
言語
JA
日本語
ページ数
158
ページ
発行者
望林堂
販売元
Takao Mohri
サイズ
20.8
MB