• ¥730

発行者による作品情報

氷河期が訪れ、全ては氷の下に閉ざされた世界。人類は『白雪姫』という冷凍睡眠施設で眠り続け、そして、それを守るロボットたちが小さな村を形成し、細々と地下での生活を続けていた。 副村長の少女ロボット・アマリリスは崩落事故による『白雪姫』の損傷や、年々パーツが劣化する村人たちのケアに心を砕いていた。再び人と共に歩む未来のために。しかしある時、村長の発した言葉に、彼女と仲間たちは戦慄する。 「──人類は滅亡すべきだと思う」 機械たちの『生き方』を描く感動の物語。

ジャンル
小説/文学
発売日
2013年
4月10日
言語
JA
日本語
ページ数
246
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
8.5
MB

松山剛 & パセリの他のブック