• ¥1,000

発行者による作品情報

「人間の罪は許されますか? 」「死はすべての終わりですか? 」
春馬さんの真剣な問いに、今こそ答えたい――
76歳の牧師と28歳の俳優、十字架の下で教え教わった、愛そして生きるということ

2018年12月29日、三浦春馬さんは舞台『罪と罰』のために、日本で一番大きなプロテスタントの教会の牧師である大川従道氏のもとを訪れていました。

貧困に喘ぎ、罪を犯してしまうラスコーリニコフという主人公を演じるにあたって、聖書やキリスト教について質問をなげかけ、濃密な時間を過ごした二人。
クリスチャンでも暗唱が難しいヨハネの福音書11章も、既に春馬さんの頭にはすべて入っていたといいます。

今振り返ると不思議なことですが、その時春馬さんは、「罪と罰」の作品においてしばしばテーマとなる「悪人なら殺していいのか」というような質問はしませんでした。それよりも聖書のいう「命」と「死」と「復活」という点が彼の質問の中心でした。

このように「生と死」について真剣に語り合った大川牧師が、春馬さんとの出会いを経て、今こそ伝えたい「生きる」ということ。
一粒の麦のごとく、この悲しい別れが大きな実りになるように想いを込めた一冊です。

舞台『罪と罰』の詳しい様子や、二人の出会いのきっかけとなった春馬さんのボイストレーナーへの取材も行いました。
四年間に及ぶ指導の中で、春馬さんがどれだけ真摯な想いで作品に取り組んでいたのか、将来どんな俳優を目指して努力していたのかを語っていただきました。

ジャンル
宗教/スピリチュアル
発売日
2020年
12月8日
言語
JA
日本語
ページ数
90
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
3.6
MB