江戸の女性たちはどうしてましたか‪?‬

    • ¥1,900
    • ¥1,900

発行者による作品情報

「江戸期はみな性愛におおらかで情愛に満ちていた」――なんてことはなかった!?
「幸せなカップルの営み」も「性暴力」も描かれる「春画」。
江戸期の春画をジェンダーで読み替えると見えてくるものとは。

当時の生理用品を再現し、謎のお香を調合、御呪いも試してみたり……
江戸の性文化を実際に「やってみ」ながら
その背景を探る、令和的探求録。

【江戸期のオナホ、試してみたら、すごかった! 】

・なぜ、セックスのときに「イク」と言っちゃうのか?
・不完全燃焼のセックスを避けるには?
・江戸期のおっぱいはエロくなかったのか?

などなど、今も昔も変わらない「性愛の悩み」を
春画と性典物(当時の性愛マニュアル)に探る!

【目次】
・いまなぜ「春画」なの? わたしたちの「性」を考える春画の世界へようこそ
・江戸期のムラムラするお香は、本当にムラムラしちゃうのか?
・「性器はその人の第2の顔」? 江戸から伝わるアソコと外見の関係
・もし江戸期にコンドームがあったなら? 根拠のない6つの避妊法
・恋をしたら「ねずみのきんたま」を陰干し……? 江戸期からみんな願掛けが好き
・なぜ日本人はキスをするのか? 「キス」を紐解く
・江戸期の生理用品「御馬の折り方」再現し使用してみた
・江戸期もセックスの痛みに悩んでいた――むかしの潤滑剤をつくってみよう
・江戸期に手マンを追求した本がある
・セックスの「イク」とはどこへ行く?――性と死の関係性を添えて
・なぜアソコに締まりの良さを求めるのか?――江戸期の秘薬を試してみた
・相手をメロメロにするには? 江戸期に性のハウツー本が広まった背景
・江戸期のインスタントおもちゃを再現してみた
(ほか)

ジャンル
歴史
発売日
2021年
12月18日
言語
JA
日本語
ページ数
256
ページ
発行者
晶文社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
35.8
MB

春画ールの他のブック