• ¥670

発行者による作品情報

「東京カラス」「リュウマのガゴウ」の宮下裕樹が放つ中世ファンタジー巨編!17世紀初頭、神聖ローマ帝国。この地では、原告と被告の決闘で有罪無罪が決まる「決闘裁判」が広く行われていた。神は正しい方の人間を勝利に導く、という教えのもとに‥‥。少年ニコが姉と暮らす南西の町ブライザッハでも決闘裁判が日々行われていた。決闘裁判を嫌う姉をよそに、ニコは特に何も考えていなかった。姉が死んだその日までは‥‥。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2017年
10月20日
言語
JA
日本語
ページ数
227
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
97.8
MB

カスタマーレビュー

どうゆーお笑い?

面白い!

キャラクターのバックグラウンドが
とても気になる漫画です。
名前もわかりやすいし、絵も受け入れやすい
なにより主人公が在り来たりな
ジャンプ系じゃないのがツボ

宮下裕樹 & 後藤一信の他のブック

2020年
2020年
2020年
2021年
2021年
2021年

このシリーズの他のブック

2018年
2018年
2019年