発行者による作品情報

明治時代の日本の小説家芥川龍之介。本名同じ、号は澄江堂主人、俳号は我鬼。『河童どうか Kappa と発音してください。』は底本の「「河童・或る阿呆の一生」旺文社文庫、旺文社」では「評論・文学」としてまとめられている。本書で登場するのは、「(第一~一七)」などが収録されている。初出は「改造」1927(昭和2)年3月1日。

ジャンル
小説/文学
発売日
1931
3月2日
言語
JA
日本語
ページ数
69
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
67.5
KB

カスタマーレビュー

ちっぱい店長

面白い

高校生の自分でもスラスラと読めるし何よりも物凄く面白い、この言葉に尽きると思います。

ぴーゆぴ

異様。

人間が正しいのか?河童が正しいのか?そんな考えが錯誤して、わけわからなくなった。
河童は、幻覚だったのか、、、。なんにせよ、人間界というのを河童の視点で見れるのだから、読むしかない。

芥川龍之介の他のブック