法学とは何‪か‬

特に入門者のために

    • 3.7 • 6件の評価

発行者による作品情報

この作品は書いている、末弘厳太郎(すえひろいずたろう、1888年(明治21年)11月30日-1951年(昭和26年)9月11日)は、大正・昭和期の日本の法学者。この作品は底本の「役人学三則」では「法律」としてまとめられている。本書で登場するのは、「近代社会が法学的訓練を受けた人間を必要とする理由」「現在の法学と法学教育」「法のあるべき姿――その理想的体系」の3つ。初出は「法律時報 二十三巻四・五号」1951(昭和26)年4月、5月。

ジャンル
職業/技術
発売日
1955年
4月2日
言語
JA
日本語
ページ数
28
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
25.1
KB

末弘厳太郎の他のブック

1927年
1926年
1941年
2015年
1935年
2004年

カスタマーはこんな商品も購入

1984年
1976年
1931年
1970年
1936年
1926年