• ¥660

発行者による作品情報

“悟り”ではなく“救い”の道を――。仏教のベクトルに大転換をもたらし、多くの支持を得た日本浄土仏教は、いかにして生まれたのか。念仏を選択し、凡人が救われる道を切り拓いた法然。「その念仏は本物か」と問い続け、「悪人」のための仏道を説いた親鸞。「捨てる・任せる」を徹底し、遊行の境地に達した一遍。浄土宗・真宗・時宗の三祖を比較し、それぞれの「信心」に迫る。法然と親鸞が一遍でわかる、究極の一冊!

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2011
10月15日
言語
JA
日本語
ページ数
190
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
965.7
KB

釈徹宗の他のブック