• ¥2,800

発行者による作品情報

洋食器にまつわるご相談を耳にします。

購入するときには、「どうやって選ぶのか」「どう揃えたらいいのか」というお悩み。

いざ買ったあとには、お手入れ方法や扱い方、正式なセッティング方法など。

本書は、洋食器を上手に使用するうえで、知っておかなければならない基礎知識を解説した一冊です。



洋食器の基本の5ピース、パーソナルアイテムとサービスアイテムの種類やサイズ。

カトラリーやグラスの種類、そして、時代によって変わる洋食器の様式まで。

テーブルを正しく、美しくしつらえるうえでのポイントをご紹介します。



テーブルセッティングの概念は欧米から日本へ入ってきたものですが、

テーブルコーディネートという言葉は日本で生まれました。

より深く知るためには、欧米での洋食器の使われ方や誕生の背景を知っておくのは、とても大切なことです。

洋食器の歴史や、世界の名窯についても詳しく解説しています。



また、洋食器といえども、ヨーロッパの有名ブランドだけでなく、日本にも優れたメーカーは数多く、

値段も手ごろなスタイリッシュなものが増えてきました。

ヨーロッパの伝統洋食器と日本のものをうまく組み合わせた、著者ならではのコーディネートをご紹介します。



テーブルコーディネーターをはじめとした食卓演出の専門家の方や、

専門家を目指して勉強をしている学生や教室に通う生徒さん。

あるいは、自宅でサロンを開いている方や器が大好きな一般の方まで。



洋食器に興味がある方にぜひ、手にとって読んでいただきたい1冊です。



(「はじめに」より、抜粋)

テーブルコーディネートという言葉からまず連想されるものは、洋食器が美しく並んだ、

ヨーロッパの貴族の館に招かれたような豪華で贅沢なテーブルではないかと思います。

そのような夢のある憧れのイメージももちろん素敵ですが、

私が日々の活動のなかで提案しているテーブルコーディネートとは、少々異なります。

そこで本書では、時代を経ても変わらぬ美しさと洗練性で私たちを魅了する世界の名窯の器を使いながら、

現代のライフスタイルにどのように洋食器を活用していくかをメインテーマに据え、制作にあたりました。

ブレックファストからディナーまでの食卓シーンを想定し、少し改まったセミフォーマルからカジュアルな場面まで、

日々の暮らしのなかで取り入れやすくするための工夫を随所に盛り込みました。

基本的な洋食器のアイテムやセッティングの方法も解説し、実用面を充実させています。

私が普段から大事にしていることは、器は、飾るのではなく、それぞれにふさわしいシーンで選び、

丁寧に扱いながら長く使っていくことです。(中略)

知れば知るほど奥が深く、本書はほんのダイジェストに過ぎませんが、洋食器をもっと身近に、

生活におしゃれに取り入れていただくためのヒントになれば、望外の幸せです。

ジャンル
暮らし/家庭
発売日
2018年
1月11日
言語
JA
日本語
ページ数
130
ページ
発行者
誠文堂新光社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
116.3
MB

浜裕子の他のブック