• ¥1,300

発行者による作品情報

東京下町、戦前は遊郭で賑わった洲崎にプロ野球専用の球場ができたのは、昭和11(1936)年のこと。沢村栄治がノーヒットノーランを演じ、伝統の巨人阪神戦がここではじまった。しかし、わずか1年後の昭和12年にできた後楽園球場にその場を奪われ球史から消えてゆく。今年2014年は、巨人が誕生してから80年、来年は阪神がそれに続く。「悲劇の球場」の詳細を野球少年だった著者が丹念な調査のもと蘇らせる。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2014
10月30日
言語
JA
日本語
ページ数
274
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
12.3
MB

森田創の他のブック