海城発‪電‬

    • 4.0 • 2件の評価

発行者による作品情報

明治時代の日本の小説家泉鏡花。『海城発電』は底本の「「外科室・海城発電 他五篇」岩波文庫、岩波書店」では「評論・文学研究」としてまとめられている。本書で登場するのは、「(第一~八)」などが収録されている。初出は「太陽」第二巻第一号 1896(明治29)年1月。

ジャンル
小説/文学
発売日
1895年
12月31日
言語
JA
日本語
ページ数
26
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
32.8
KB

泉鏡花の他のブック

1900年
1895年
1999年
1999年
2000年
1911年

カスタマーはこんな商品も購入

2002年
1937年
1898年
1971年
1943年
1930年