海獣の子供(2) 海獣の子供(2)
海獣の子供

海獣の子供(2‪)‬

    • 4.5 • 12件の評価
    • ¥770
    • ¥770

発行者による作品情報

▼第9話/勇魚(いさな)▼第10話/波颪(なみおろし)▼第11話/潮の八百重に▼第12話/にはたづみ▼第13話/浸く子供▼第14話/羅刹▼第15話/晦(つきこもり)▼第16話/離陸▼ある漁師のはなし

●主な登場人物/安海琉花(上手く気持ちを言葉に出来ない。両親は別居中で、母と暮らす)、海(ジュゴンに育てられた少年。水族館に預けられている)、空(海とともに発見され、兄として育つ。入退院を繰り返している)
●あらすじ/約40年前、海と空の保護者であるジムは、鯨漁をする島で生活していた。ある時ついに巨大な鯨を仕留めることに成功したジムだったが、その翌日、彼は沖に立つ1人の不思議な少年を目にする。島の人間は、この少年を「この島をつくった者」として敬い、彼を見ると必ずある言葉を唱えるのだった…(第9話)。
●本巻の特徴/入院していた病院から突如姿を消してしまった空。空と深く繋がっている海でさえ、見失ってしまった。果たして彼はどこへ向かったのか…?
●その他の登場人物/ジム(海と空の保護者的存在)

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2007年
7月30日
言語
JA
日本語
ページ数
322
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
103.3
MB

五十嵐大介の他のブック

ディザインズ(1) ディザインズ(1)
2016年
リトル・フォレスト(1) リトル・フォレスト(1)
2004年
海獣の子供(1) 海獣の子供(1)
2007年
ディザインズ(2) ディザインズ(2)
2017年
海獣の子供(5) 海獣の子供(5)
2007年
ディザインズ(3) ディザインズ(3)
2018年

カスタマーはこんな商品も購入

とつくにの少女(8) とつくにの少女(8)
2019年
とつくにの少女(7) とつくにの少女(7)
2019年
とつくにの少女(11) とつくにの少女(11)
2021年
とつくにの少女(10) とつくにの少女(10)
2020年
とつくにの少女(9) とつくにの少女(9)
2020年
ランド(11) ランド(11)
2020年

このシリーズの他のブック

海獣の子供(3) 海獣の子供(3)
2007年
海獣の子供(4) 海獣の子供(4)
2007年
海獣の子供(5) 海獣の子供(5)
2007年
海獣の子供(1) 海獣の子供(1)
2007年