添加物まみれの母‪性‬

    • 2.8 • 15件の評価
    • ¥330
    • ¥330

発行者による作品情報

幼い頃に母親に逃げられた主婦の亜衣は、その反動から幸せな家庭に固執するようになっていた。

理想の旦那と子供に囲まれ、ステキなお家で何不自由のない生活。

でも、そのためには…節約しなければいけないの。

食卓には1袋100円のポテトチップス、お湯で溶かせば離乳食にだってなっちゃう優れモノ。

全ては夢のマイホームを購入するための倹約…そのはずだったのに。

添加物にまみれた体は、やがて家族全員を蝕んでいき…?

河東ますみ渾身の傑作ヒューマンサスペンス集!



※本作は「家庭サスペンス」(2009年5月号)等に掲載されていた作品を電子配信用に再編集したものです。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2017年
12月27日
言語
JA
日本語
ページ数
97
ページ
発行者
笠倉出版社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
45
MB

カスタマーレビュー

一把(; ̄ェ ̄)

添加物まみれの……

正直旦那視点で見た。飯はインスタントかポテチのみ。しかも離乳食にもポテチ。
もう馬鹿だろ。
注意すれば発狂してヒスるヒスる。こんな嫁普通に返品だわ。専業主婦馬鹿にしてるのか、人並みにご飯提供できるようになってから嫁げ。
よく旦那実家反対しなかったよ。
お菓子ばかりの飯なうえに旦那に最低限の小遣いもなし経済DVです。
息子には女装させ完全にペット扱い。ヒステリックな母親だから悪目立ちし、男の子だからそれをからかわれいじめられたろ。そら登校拒否にもなるわ。最後の中学生と言うより成人青年だよ。
中身薄いから因果応報ならもっとボコボコにされてる。

全体的にキャラの描き分けができてない。

●まほ●

損しました

お金を出して読む程の作品ではありませんでした。
単純につまらない。

河東ますみの他のブック

2017年
2018年
2018年
2018年
2018年
2018年

カスタマーはこんな商品も購入

2017年
2018年
2018年
2018年
2018年
2017年