• ¥750

発行者による作品情報

一九四五年八月、ソ連軍の侵攻から逃れるため、満洲から多くの日本人が北朝鮮に避難した。飢え、寒さ、伝染病。本土終戦の日から始まった地獄の難民生活で、人々は次々と命を落とす。国はなぜ彼らを棄てたのか。世界史の中でも稀に見る悲惨な難民だった彼らの存在は、なぜ黙殺されたのか?「戦後史の闇」に光を当てた本格ノンフィクション。

ジャンル
政治/時事
発売日
2020
12月9日
言語
JA
日本語
ページ数
252
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
11.2
MB