• ¥500

発行者による作品情報

第一次太平洋戦争終結後、日本帝國は中部太平洋上に点在する信託統治領の島々や、環礁の防備を強化する計画に着手した。廃艦処分となった戦艦から艦砲を取り外し、これらの島に移築、要塞化していったのだ。はたして第二次太平洋戦争が激化するなか、突如米艦隊がマーシャル諸島を急襲。満を持していた沿岸砲塔が火を噴く!
『滄溟の海戦』1~3+『碧濤の海戦』1~3の全6巻で構成された架空戦記小説。

●高貫布士(たかぬき・のぶひと)
1956年生まれ。神奈川県出身。和光大学人文学部芸術学科卒業。学生時代より軍事評論家・小山内宏氏、航空評論家・青木日出雄氏らが創設した「軍事学セミナー」で軍事学を修得。出版社勤務を経て、現在は軍事アナリスト兼作家として活躍する。『図解・ドイツ装甲師団』『大日本帝国海兵隊戦記』シリーズなど、ノンフィクション、小説の著書多数。

発売日
2021年
6月18日
言語
JA
日本語
ページ数
213
ページ
発行者
アドレナライズ
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
8.3
MB

高貫布士の他のブック

2021年
2021年
2021年
2012年
2020年
2017年

このシリーズの他のブック

2021年
2021年