• ¥530

発行者による作品情報

八代将軍吉宗に供奉して紀州から江戸城に入って以来、代々御庭番を務める村垣家。その家督を継いだ範正は、上司の川村修就とともに将軍家斉直属の闇御庭番として江戸市中にはびこる悪を討つ――。後に奉行を歴任し、万延元年には幕府の遣米使節として海を渡った幕末を代表する能吏、村垣範正の若き日の活躍を描く、シリーズ第二弾!

ジャンル
小説/文学
発売日
2019
3月14日
言語
JA
日本語
ページ数
115
ページ
発行者
双葉社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
1.2
MB

誉田龍一の他のブック

このシリーズの他のブック