潜入ルポ アマゾン帝国の闇(小学館新書‪)‬

    • ¥1,400
    • ¥1,400

発行者による作品情報

アルバイトは正社員を「アマゾン様」と呼ぶ。

〈日本では、アマゾンの動きを熱心に追及するメディアはほとんど見当たらず、アマゾンの野放図な経済活動にくさびを打ち込もうとする官僚や政治家もほとんどいない。果たして、このままでいいのか。日本は、アマゾンの便利さを享受している間に、アマゾンに飲み込まれていくことにはならないのだろうか〉(本文より)
“世界最大の小売企業”アマゾンによる日本市場制圧は、コロナによってますます進んでいる。果たして、その現場では何が起きているのか――「アマゾン・エフェクト」の実態に迫るべく、著者はアマゾンの巨大物流センターに潜入する。さらに、即日配送、カスタマーレビュー、マーケットプレイス、AWSなど、アマゾンのさまざまな現場に忍び込んでは「巨大企業の光と影」を明らかにしていく。私たちはこのまま何も実態を知ることなく、「アマゾン帝国」に支配されていくのだろうか……日本人に大きな問いを投げかける第19回新潮ドキュメント賞受賞作。

※この作品は単行本版『潜入ルポ amazon帝国』として配信されていた作品の新書版です。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2022年
8月1日
言語
JA
日本語
ページ数
456
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
1.9
MB

横田増生の他のブック

2017年
2018年
2020年
2014年
2022年
2013年