火‪定‬

    • 3.0 • 3件の評価
    • ¥850
    • ¥850

発行者による作品情報

——己のために行なったことはみな、己の命とともに消え失せる。(中略)わが身のためだけに用いれば、人の命ほど儚く、むなしいものはない。されどそれを他人のために用いれば、己の生には万金にも値する意味が生じよう。(本文より抜粋)時は天平——。藤原氏が設立した施薬院の仕事に、嫌気が差していた若き官人・蜂田名代だったが、高熱が続いた後、突如熱が下がる不思議な病が次々と発生。それこそが、都を阿鼻叫喚の事態へと陥らせる“疫神(天然痘)”の前兆であった。我が身を顧みず、治療に当たる医師たち。しかし混乱に乗じて、病に効くというお札を民に売りつける者も現われて……。第158回直木賞と第39回吉川英治文学新人賞にWノミネートされた、「天平のパンデミック」を舞台に人間の業を描き切った傑作長編。解説:安部龍太郎。

ジャンル
小説/文学
発売日
2020年
11月5日
言語
JA
日本語
ページ数
448
ページ
発行者
PHP研究所
販売元
PHP Institute, Inc.
サイズ
1.7
MB

澤田瞳子の他のブック

2017年
2014年
2013年
2015年
2017年
2016年