• ¥800

発行者による作品情報

火災保険や盗難保険に入っていれば、事故の際、保険金は当然出ると思われている。しかし、現実には家が全焼しても、高級品が盗まれても、保険金は出ない。それは、保険金の支出が損害保険会社にとって「損失(ロス)」でしかないからだ。あの手この手で支払いを渋り、救済されるはずの被害者を苦しめる損保。彼らの狡猾な手口を暴き、どうすれば保険金を正当に引き出せるか、実際の裁判をもとに徹底的に解説する。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2019
1月29日
言語
JA
日本語
ページ数
128
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
2.7
MB

加茂隆康の他のブック