灼眼のシャナXII

    • 5.0 • 1件の評価
    • ¥610
    • ¥610

発行者による作品情報

御崎高校では、年に一度の学園祭 「清秋祭」 が開催されていた。 仮装賞に選ばれたシャナは、赤いリボンにワンピースという愛らしい姿で舞台の上に立っていた。 優勝者インタビューでマイクを手にしたシャナは、 「私、悠二が――」 と、胸にあふれる “どうしようもない気持ち” を、一人の少年へ向けて伝えようとする……。 しかしそれは、一陣の疾風によって中断された。 風の色は琥珀。 “約束の二人” の片割れ、“彩飄” フィレス顕現の証だった――! 悠二の 「零時迷子」 の中に封印されているヨーハンを取り戻そうとするフィレス。 一方、悠二は己の存在を消される恐怖を感じて……。

ジャンル
小説/文学
発売日
2006年
2月10日
言語
JA
日本語
ページ数
174
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
9.4
MB

高橋弥七郎 & いとうのいぢの他のブック

2002年
2012年
2003年
2011年
2003年
2003年

カスタマーはこんな商品も購入

2012年
2012年
2012年
2011年
2011年
2011年

このシリーズの他のブック

2006年
2007年
2007年
2007年
2008年
2009年