発行者による作品情報

『点心』は大正時代に活躍した「新思潮派」の作家、芥川竜之介の随筆。正月に降る雨にまつわる幼少期の嫉妬体験や夏目漱石「それから」の主人公「長井代助」の分析など全13章から成る。簡潔かつ巧みな文章でまとめられた佳作。

ジャンル
小説/文学
発売日
1975
6月6日
言語
JA
日本語
ページ数
16
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
28.6
KB

芥川龍之介の他のブック