• ¥750

Publisher Description

ビッグバン時の宇宙にはかすみがかかっていた。光学望遠鏡でも電波望遠鏡でも、その先に存在する幼年期の宇宙を観測することはできない。誕生時の宇宙は量子よりも小さかった。私たちの宇宙の物理法則と数学公理を適用できるのは、そこまでだ。


私たちの宇宙は、3次元の空間座標と1次元の時間座標から成る、4次元時空だ。4次元時空は、高次元時空から誕生した。高次元時空には、質的に異なる物理法則と数学公理が存在している。そこは、人間にとっては「無」の世界になる。

超ひも理論が、高次元時空を解き明かそうとしているが、使われている物理学も数学も、私たちの宇宙で確立されたものだ。この理論が示す高次元時空は、4次元時空へ投影された幻影以上のものではない。


知覚も認識もできない高次元時空。人間を宇宙の中心に置く人間原理を捨てると、驚異の宇宙像が見えてくる。私たちの宇宙は、時間と空間それに未知の物理要素から成る、あらゆる方向へ無限に広がっている宇宙と、完全に一体化している。

高次元時空から移動したエネルギーが、宇宙の卵である特異点を誕生させ、宇宙を構築する。この特異点は、量子によく似た物理特性を持っている。量子には高次元要素が含まれていて、マクロの宇宙に適用できない波動関数で表現される。


重力子が、時空の壁を越えて飛び回っていることを示す、間接的な証拠が積み上がっている。重力子を介してエネルギーが時空間を移動する。空間に無限に湧き出ているバーチャル粒子も、高次元時空が起源であることを予想できる。

本書では、誕生時の特異点の向こう側にある高次元時空へ踏み込み、無からの誕生の過程を解き明かす。


ビッグバンの過程で最初に誕生した原子は水素原子。現在の宇宙に存在する原子の75%を占める。重い原子は恒星内部の核融合で作られた。水素原子と酸素原子から成る水(氷)が、宇宙に大量に存在する。生物の誕生と生体機能の維持に、最も重要な役割を果たしているのが、水素原子と水だ。生物は奇跡なしで誕生する。生物が居住可能な惑星が、次々に発見されている。


人間にとって宇宙空間は余りにも広大だ。通信速度が光速では、他の知的生命体と交信するのは困難。アインシュタインが否定した、量子もつれという奇妙な現象がある。2つの量子が数万光年離れていても、物理特性が瞬時に同期する。高次元時空が実在することを示唆するこの現象は、量子コンピューターで使われている。量子もつれを使って他の知的生命体と交信する未来が、やってくる。

GENRE
Science & Nature
RELEASED
2019
August 10
LANGUAGE
JA
Japanese
LENGTH
652
Pages
PUBLISHER
和戸川 純
SELLER
Hiroshi Watanabe
SIZE
186.8
MB

More Books by 和戸川純