無残花物語

無残花物語(下‪)‬

    • ¥590
    • ¥590

発行者による作品情報

「何をそのようにうろたえているのです。もう腰が抜けて、磔にかけた女を槍で突く元気もなくなったのですか」。処刑の刻、お蘭は妖しい悩ましさをもつ優美な裸身を激しく揺さぶり、大声で言い放った——。責め苦の果てに現れる女体美の究極の姿を鮮やかに描き尽くす、その意外な結末とは? 暗黒文学の最高峰にして、団鬼六世界の総決算。

ジャンル
小説/文学
発売日
2015年
1月30日
言語
JA
日本語
ページ数
271
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
860
KB

団鬼六の他のブック

2012年
2012年
2012年
2015年
2012年
2012年

このシリーズの他のブック