発行者による作品情報

明治・大正時代の小説家、短編作家とエッセイストである有島武郎の小説。「燕と王子」に、燕という鳥は所をさだめず飛びまわる鳥で、暖かい所を見つけておひっこしをいたします。明治41、2年頃、有島武郎が、妹・愛の長男の病気見舞いとして書き送ったもの。

ジャンル
小説/文学
発売日
1930
4月2日
言語
JA
日本語
ページ数
17
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
16.7
KB

有島武郎の他のブック