• ¥510

発行者による作品情報

20世紀末ニッポンとはどんな時代だったのか? 酒鬼薔薇聖斗がいて、東電OL事件があり、ペルー大使館の人質が解放され、和歌山毒物カレー事件があって、新ガイドライン法案が国会を通過した、あの頃を極上のギャグがぶった切る! 今読んでこそその正しさが実感できる活字の漫才27本。いろいろあるけど太田光執筆なのは日本原論のみ。

ジャンル
小説/文学
発売日
2015年
2月6日
言語
JA
日本語
ページ数
91
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
8.7
MB

爆笑問題の他のブック

このシリーズの他のブック