• ¥610

発行者による作品情報

「狼の足の骨」の情報を得るため、ロレンスたちが訪れた町ケルーベは、土地を巡って北と南が対立していた。そんな訳有りの町に、生肉を喰らえば長寿を得るという伝説を持つ海獣、イッカクが陸揚げされる。町の力関係をひっくり返しかねない価値を持ったイッカクの登場で、町は俄かに騒がしくなる。 そんな中、イッカクの横取りを狙う女商人エーブは、ローエン商業組合を抜けて自分のところへ来るようロレンスを誘う。狼狽するロレンスのもとには、さらにローエン商業組合から協力要請の手紙が送られてきて……!? ロレンスの出した答えとは? そして、その時ホロは……。 『対立の町』編、いよいよ完結!!

ジャンル
小説/文学
発売日
2008
9月10日
言語
JA
日本語
ページ数
221
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
8.4
MB

支倉凍砂 & 文倉十の他のブック

このシリーズの他のブック