• ¥150

発行者による作品情報

400字詰め原稿用紙換算枚数 55枚(縦書き)

所要読書時間50分~80分。


前書き

この小説は、短編小説を書いては出版社に送っていた時の作品のひとつです。

時期は二〇〇四年四月です。

この小説を書く前年、わたしは『ようこそ、守谷家へ』という中編小説を書きました。

お話の内容は犬を飼っている家族の物語です。

短編小説を書き続けているうちに、そろそろ動物ものを書きたくなり、前回は犬を書いたから、今度は猫だなと思って、それで書いたのが本小説です。

時代は1970年代から2000年の前半です。

また、この小説では実在する役者さんに、私の頭の中で演じて頂きました。

杉沢利明役には新克利さん、八重子役には松尾嘉代さん、阿藤役には加藤武さん。

1970年代頃の活躍ぶりをご存じの方は、小説を読まれた後「ああ、そうだなあ」と思われるかもしれませんね。


あらすじ

ある二月の寒い日のことだった。

寿司屋を営む杉沢利明は閉店後の掃除をしていた。

すると、そこへ妻の八重子が来て、光と夕子の様子がおかしいことを利明に告げた。

どうやら、裏庭にある物置小屋でこそこそと何かをしているようだ。

利明は気のせいだと言いつつも、八重子がしつこく言うので、二人で物置小屋に行ってみた。

すると、そこで見たものは…


表紙画像引用元

猫の ののちゃん

  http://sea.ap.teacup.com/nono/

  *この画像は、飼い主様の許可を得て使用しています。

ジャンル
小説/文学
発売日
2013
7月11日
言語
JA
日本語
ページ数
28
ページ
発行者
垣坂弘紫
販売元
Hiroshi Kashima
サイズ
2.3
MB

垣坂弘紫の他のブック