玉藻の‪前‬

    • 4.7 • 3件の評価

発行者による作品情報

明治時代のは日本の小説家、劇作家岡本綺堂。本名は岡本敬二(おかもとけいじ)。『玉藻の前』は底本の「「修禅寺物語」光文社文庫、光文社」では「文学・評論›歴史・時代小説」としてまとめられている。本書で登場するのは、「清水詣きよみずもうで」「独ひとり寝ねの別わかれ」「塚つかの祟たたり」「花はなの宴うたげ」「法性寺ほっしょうじ」「采女うねめ」「雨乞あまごい」「犬いぬの群むれ」「烏帽子折えぼしおり」「三浦みうらの娘むすめ」「殺生石せっしょうせき」などが収録されている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1996年
3月21日
言語
JA
日本語
ページ数
232
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
173.6
KB

岡本綺堂の他のブック

1991年
1991年
1991年
1990年
1909年
2003年

カスタマーはこんな商品も購入

1999年
1999年
2015年
1900年
1895年
2013年