• ¥880

発行者による作品情報

ふとしたことから乞食のトムは宮殿の王子となり、ほんものの王子はトムのぼろ服を着たまま街へほうり出される。そこで二人が見たものは? 知ったことは? そしてどんな目にあったか? これはユーモア作家マーク・トウェーンの傑作で、哄笑と微苦笑と涙のうちに、読者をふしぎな楽しさに導いてゆく力をもっている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1934年
7月25日
言語
JA
日本語
ページ数
307
ページ
発行者
岩波書店
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
5.6
MB

マーク・トウェーン & 村岡花子の他のブック

2021年
2021年
2012年