• ¥600

発行者による作品情報

一九五三年、斎藤茂吉と釈迢空という日本短歌界の二大巨星が墜ちた。翌年、一人の短歌雑誌編集者が発想した企画によって新しい才能が発見される。編集者の名は中井英夫。見いだされた新人は中城ふみ子と寺山修司。その時から現代短歌のこころみの歴史がはじまった――。戦後の日本語表現中で異彩を放つ短歌という文芸ジャンル、その半世紀にわたる挑戦と歌人群像を斬新な視点から描く。

ジャンル
小説/文学
発売日
2008
1月23日
言語
JA
日本語
ページ数
320
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
842.7
KB

関川夏央の他のブック