発行者による作品情報

「現実と文学」は明治から昭和時代にかけて活躍した小説家、評論家である宮本百合子の作品。初出は「帝国大学新聞」1939(昭和14)年11月20日号。思意的な生活感情について書いたもの。この作品は底本の「宮本百合子全集 第十一巻」では「日本文学・評論. エッセイ. 随筆」として収録されている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1943
11月21日
言語
JA
日本語
ページ数
4
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
8.9
KB

宮本百合子の他のブック