• ¥590

発行者による作品情報

鉄道員をしているというと、さまざまな質問をされることがある。
「人身事故の処理は誰がやっているのか?」「電車を停めると、1億円を請求されるというのは本当なのか?」「コインロッカーの忘れ物にはどんなものがあるのか?」「駅で放送している声ってなんで変なのか?」
鉄道の世界というのは、周りから見ると不思議でつかみどころのないものに映るようだ(はじめにより)。
某大手私鉄の現役鉄道員が綴る、鉄道の真実の姿。本書を読むことで、これまで身近に佇んでいるだけだった駅や鉄道員が生々しいものに見えてくる。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2010
10月22日
言語
JA
日本語
ページ数
223
ページ
発行者
彩図社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
1.9
MB