• ¥610

発行者による作品情報

慶長の役における蔚山城の戦いや露梁津の海戦での武功により、政重の名は全国に鳴り響いていた。美しく己の命を使い切れ――養父・長右衛門の遺した言葉を胸に、政重は数多の召し抱えの誘いを断り、「徳川どのに戦を挑み、武辺者の意地をまっとうしたい」と、宇喜多秀家の新座衆として天下分け目の合戦に臨むことを決意する! 武辺に生き、義に殉じた男の波瀾万丈の半生を描く戦国巨編。

ジャンル
小説/文学
発売日
2006
1月25日
言語
JA
日本語
ページ数
312
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
798.4
KB

安部龍太郎の他のブック

このシリーズの他のブック